Skip to content

離煙パイプを使ったら禁煙に成功する

タバコは早くやめたいのに、結局吸ってしまうと悩む人は少なくありません。タバコに含まれるニコチンには依存性があります。ですから、吸い始めるとなかなかやめることができません。おまけにタバコを吸うことが習慣になっていたら、尚更やめられなくなるのがネックです。

最後の一本を吸ったらタバコをやめようと誓っても、離脱症状に苛まれるでしょう。集中できなくなったり、落ち着かなくなることが多いです。人によっては眠気に襲われることもあれば、イライラすることもあります。いずれにしても離脱症状はとても辛いものなので、結局は再びタバコを吸ってしまいます。

このような悪循環を断ち切るためには、離煙パイプで禁煙に挑戦するのが一番いい方法です。離煙パイプは段階ごとに付け替えていきます。最初はいつも通りにタバコを吸うことができるのですが、徐々に吸い込む煙の量が減っていきます。吸い込む煙が減るということは、ニコチンも摂取できなくなります。

後半になるとタバコを吸っても煙が入ってこなくなるので、吸い込んでいる感覚がありません。その頃にはニコチンもほとんど摂取していない状態になります。そのまま喫煙をやめても離脱症状に苛まれることはありません。スムーズに禁煙を成功させることができるので、是非離煙パイプを試してもらいたいです。

禁煙外来を利用するのも良い方法かと思われますが、タバコが吸えなくなるので辛くなることが多いです。離煙パイプのほうが安心できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です