Skip to content

離煙パイプで禁煙が目指せる

愛煙家にとって、いきなり禁煙をするのは無謀な挑戦です。最初の1~2日は我慢出来ても、すぐに禁断症状が出て我慢出来なくなってしまうのです。理想は少しずつタバコから離れていく事ですが、そのサポート役として離煙パイプというものがあります。離煙パイプとは1~31までの番号がふられた31本のパイプがセットになったもので、普段吸っているタバコに取り付けて使います。

初日は1番ですが、1日につき3%ずつニコチンが減らされる仕組みになっています。つまり2日目なら6%、3日目なら9%と徐々にニコチンから脱却していける訳です。タバコを吸うときは離煙パイプを必ず使用すること、パイプは順番通りに使うことさえ守れば、どれだけの本数を吸っても問題ありません。本数が制限されず、味が変化する事もないので、ストレスを感じず禁煙を目指せるのです。

ちなみにパイプは31日目になると95%のニコチンがカットされた状態になっています。31番のパイプのニコチン量は0.005mgですが、これは非喫煙者が空気中から吸い込むニコチン量と同じ値であり、ほぼ禁煙出来ている状態です。もし31番まで使い終わっても何となく口元が寂しいと感じるなら、31番だけがセットになったものを購入して、しばらく様子を見ても良いかもしれません。禁煙成功率89.3%、禁煙成功者47万人と驚異的な実績を残している事もあり、数々の禁煙方法にトライして失敗してきた人も試してみる価値はあります。

離煙パイプのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です