Skip to content

離煙パイプを使う時のルール

成功しやすい禁煙グッズの離煙パイプは、意志の弱い人でも無理なく始められます。クリニックに行っても出してもらえることがありますし、大手の百貨店でも入手できるようになっています。ですから、手に入れること自体は難しくはありませんし、購入したらシンプルなルールに則って利用していくだけです。難しいことはありませんので、禁煙に失敗したことがあって抵抗を感じる人でも気軽に始めてみましょう。

使用する上で必ず守りたいルールですが、離煙パイプのセットになっている1~31番のパイプを1から順番に利用することがもっとも重要です。逆から始めたりバラバラに使用するのでは意味がありません。順番通りに使わなければならないのには理由があり、1ではマイナス3%のニコチンカット率になっていて、そこから1つ進むごとに3%がカットされて、最終的に95%がカットされます。段階的になっているので禁煙時特有の離脱症状に悩まされることもなく、自然にタバコを止めることが可能です。

一度離煙パイプの使用を始めたら、パイプをつけずにタバコを吸ってはいけません。吸いたくなる気持ちを我慢しなくて済むのが離煙パイプですが、吸う時には必ず順番通りのパイプをつけるというのもルールです。このルールを守れば、ニコチンが体内から減ってきてもイライラしたり集中力が低下することもありません。少しずつ自然に減らせるシステムが離煙パイプの魅力であり、失敗しにくい方法です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です