Skip to content

離煙パイプを使えば案外あっさり禁煙できるのはなぜ?

たばこの害が広く知られるようになって、現在ではタバコを吸う人は以前では考えられないくらい肩身の狭い思いを強いられるようになっています。そんな状況から、体を気遣って禁煙を試みる人は少なくないのですが、頭ではタバコをやめなければならないとわかっていても中々実現するのは難しいといわれてきました。これまで数々の方法やグッズなどがありましたが、誰もが簡単に成功するとは限らず、何度試みても結局挫折してしまったという経験を持つ人はかなりいるともいわれてきました。そんな中で注目されているのが、31段階のプログラムによって禁煙を成功へと導く離煙パイプです。

いきなりたばこを全く吸わなくする方法は、試みるにはかなりハードルが高く、途中で挫折する確率も高い方法です。もちろん高い意識をもって絶対にこれからは煙草を吸わないと決めてそれを実現する人もいるかもしれませんが、かなりの忍耐力やストレスを覚悟しなければなりません。離煙パイプというのは摂取するニコチンの量を一日当たり3%ずつ減らして31日間続けてゆくというやり方で、体がニコチンを必要としない状態になるまで徐々に体を慣らしながら最終的に無理なく禁煙を実現するものです。離煙パイプは薬剤や香料などの特殊なものを使うわけではなく、空気の流入量だけで吸い込むニコチンの量をコントールする方法です。

ストレスを感じずに禁煙できる方法として、世界各国では病院で採用されているところもあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です