Skip to content

離煙パイプで効率的に禁煙

喫煙による健康被害は本人はもちろん、周囲の人間にも伏流煙吸入という形で影響を与えます。個人の趣味趣向の問題とは矮小化できない側面があるので、禁煙はこれから先の潮流になります。健康増進法の全面施行により、屋外ではもはや喫煙することは禁止とされている事実からも、明らかです。しかし禁煙するのは容易なことではありません。

なぜならタバコに含まれるニコチンには、心理的肉体的依存作用が強力だからです。そのため禁煙を実践すると、体内のニコチン濃度が減少することで、イライラしたり頭痛や過去急などのいわゆる「離脱症状」が出現し、相当なストレスに直面することになり、結果的に禁煙に失敗する確率が非常に高くなっている訳です。このような状況を克服し禁煙に成功するために考案されたのが、離煙パイプになります。これは1番から31番まで番号が割り当てられている31本のパイプから構成されています。

普段どおりに喫煙するときに、それぞれの日に1番から31番まで順番に離煙パイプをかえていくことで自然に禁煙に導きます。このように禁煙することが要求されていないのがポイントです。それぞれのパイプにはニコチン吸着素材が内臓されており、番号が大きくなるにつれてニコチンを吸着する能力が高くなる仕様が採用されています。ニコチンの減少率は離煙パイプの1番では3%にとどまりますが、31番では95%にも。

つまりニコチンの摂取量を徐々に減少させてゆくことで、離脱症状のリスクを抑えながら禁煙できるというわけです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です