Skip to content

離煙パイプで無理なく禁煙が成功する仕組み

禁煙につきもののイライラ感や口寂しさに耐えかねて、禁煙を挫折したという人は多いのではないでしょうか。急激に煙草をやめることで起こるイライラ感や口寂しさの原因は、肉体的・精神的なニコチンへの依存によるものです。離煙パイプは、禁煙のつらさの原因であるニコチン依存を段階的に改善していくことを主眼として開発された禁煙グッズです。離煙パイプは31種類のパイプから成り、毎日付け替えて使用することで、徐々にニコチン摂取量をカットしていく仕組みです。

高い禁煙効果が見られるため、病院の禁煙外来でも使用されています。離煙パイプの優れた点はニコチンの摂取量を一日3%ずつ、段階的にカットしていける点です。一日に3%程度の減少であれば、脳はニコチンの摂取量が減ったことを認識しません。いつも通りに喫煙しながら、毎日確実にニコチンの摂取量を減らしていけるため、徐々にニコチン依存が改善されていきます。

離煙パイプを用いた禁煙は成功率が極めて高く、喫煙習慣が長年に渡る人や、往来の急激にニコチンの摂取を断つ禁煙方法に失敗した方にもお勧めできる禁煙方法です。吸いたいだけ煙草を吸いながら禁煙できることから、ストレスフリーに禁煙を成功させたい人にも向いている禁煙方法と言えるでしょう。禁煙の成功は、ニコチン依存をいかに改善するかにかかっていると言っても過言ではありません。離煙パイプを使用することでニコチン依存状態の脳を上手く騙し、禁煙時特有のストレスを感じることなく禁煙を成功させてみましょう。

離煙パイプのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です