Skip to content

離煙パイプってどんなもの?

離煙パイプとは一体何の事なのでしょうか。マジカルが開発した禁煙パイプとは違った禁煙グッズで、日本、中国、韓国、スペイン、イタリア、イギリス、アメリカ、カナダで発売されていて、禁煙成功率89.3%「禁煙に失敗続きの人でも成功できる禁煙グッズ」です。使い方は、いつものたばこにフィルターとして着けていつも通りに吸うだけです。箱の中には31本の離煙パイプが入っていて、パイプに開けた空気穴の中子で煙の量を少しづつ調節していくので、気付かない内に31日で95%もの煙をカット。

いつの間にか吸いたい気持ちが減っていきます。また、離煙パイプはプラスチック製なので洗って何度も使えます。31日間かけてニコチンの量を減らしていくので、無理なく禁煙に挑戦できます。「少しづつニコチンを減らすなら、本数を減らせばいいのでは?」と考えがちですが、実はそうではありません。

ニコチン依存は、血中ニコチン濃度が急上昇する事により起こる依存症状です。本数を減らしたり、ニコチンの入っていない禁煙グッズを使う事により、不快感やイライラが募り、結局いつものようにタバコを吸ってしまうと、血中ニコチン濃度が急上昇し元の依存状態に戻ってしまいます。離煙パイプの31本のパイプには、約3%刻みで煙を減らすように小刻みに穴の大きさが調節されている上、薬や香料などの味付けもないので、いつものたばこの味のまま変化に気づきにくく、楽にニコチンを削減できるという仕組みです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です