Skip to content

離煙パイプの効果と使い方

タバコは体に対して様々な悪影響があることがわかっていますが、禁煙したくてもできないというケースはよくあります。自分の力だけでは禁煙することが難しいという時には、禁煙グッズを利用することがおすすめです。そんな禁煙グッズの一つが離煙パイプになります。禁煙が成功しない理由として大きいのが、ニコチンに体が依存してしまっているからです。

タバコを吸うことで血中ニコチン濃度が急上昇して、タバコを吸うことでスッキリした状態になります。しかし、血中のニコチン濃度が下がることでイライラしてしまい、タバコを吸うという悪循環になっています。禁煙グッズの中には、ニコチンが入っていないものもあって、グッズを使ってもニコチン依存が治らないことも考えられます。離煙パイプとは、パイプに開けた空気穴と中子を使って煙の量を調節していくことで徐々にタバコを減らしていくものです。

31本のパイプを使って徐々にニコチンの量を減らして、ニコチン依存症から抜け出します。離煙パイプはいつものタバコをパイプを使って吸うだけで禁煙しやすくするものですので、パイプの順番さえ守れば一日何本吸っても良いとされています。タバコを吸っても良いという点で心理的にも利用しやすくなっていて、最後の31番目になるとかなりニコチンの量は減っています。ニコチンの量が減れば、タバコを吸いたいという気持ちも無くなります。

パイプは洗って使うことができるため、衛生的というのも嬉しいポイントです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です