小型船舶免許を取得する場合、試験問題に海に捨てられたごみに対しての問題が出ることを知っていますか。海に捨てられたごみがどうなるのかを確認しておくことは、重要といえます。例えばゴミや油の不法投棄により魚網や量をするためのアイテムが損傷する可能性があることは、とても有名です。ごみや油を不法投棄しないだけではなく、それ以外の物も不法投棄しないように心がけることでSDGsに配慮することが可能となります。

できるだけごみは再利用できるようにするだけではなく、不要なアイテムはリサイクルショップに売却するなど、不当に捨てないようにすることも重要です。断捨離として不要なアイテムを海に捨ててしまうような人もいますが、絶対に避けてください。小型船舶を航行するときにはゴミが船のプロペラシャフトに絡まったり、船の冷却水の取り入れ口をふさいで船がオーバーヒートする可能性を高くするからです。できるだけごみを捨てないように常日頃から心がけるようにすることが、無事に航行をする秘訣といわれています。

小型船舶免許を取得してから海の美しさを維持するために必要な行動として、ごみ拾いをしているという人も増えてきました。小型船舶を航行するうえではほんの些細なごみでも適切に処理をしておかないと安全に航行できないリスクが高くなるため、できるだけごみを出さないようにすることも重要です。なお、船で海へ出て大量にえさをまくことも海を汚す行為につながるため、避けてください。小型船舶免許の試験問題でも指摘されています。