ダイビングやシュノーケリングを趣味にしている人も多いです。海に潜ると人間の世界とは違う、竜宮城の様な世界が広がります。そこには色とりどりの魚たちが気持ちよさそうに泳いでおり、きれいなサンゴ礁も広がっていてこの世の世界とは思えないほどのう美しさです。シュノーケリングやダイビングはオプショナルツアーに参加してダイビングスポットに連れて行ってもらうのです。

しかし上達するにつれ、ツアーで連れて行ってもらうのではなく自分でダイビングスポットに行きたいと思うようになるものなのです。この場合小型船舶免許を持っていると、自分で好きなスポットに船で出かけることが可能となります。小型船舶免許を取得するには時間もかかり、お金も多大にかかると勝手に思い込んでしまっている人が少なくありません。しかし実際は非常に短期間で、そして少ないコストで取得ができるライセンスなのです。

小型船舶免許を取得するには、認可された学校に通い、所定に時間学科と実技講習を受ければライセンスが付与されます。学校に通うことで国家試験を受けずにもライセンスが付与されるわけです。小型船舶免許は一級二級と特殊があるのです。一級であれば学科が24時間実技が4時間、二級は学科が12時間で実技が4時間、特殊は学科が6時間で実技が1.5時間受けなければなりません。

さらには年齢制限があり、一級に関しては18歳以上、それ以外は16歳以上でなければなりません。