総トン数が20トン未満の船舶を操縦するために必要になるのが小型船舶免許であり一級と二級、特殊の3区分が存在します。二級にはさらに普通免許と湖川小出力限定免許があります。操縦できる船舶の種類や航行可能な区域に違いがありますが、いずれの区分も基本的な取得方法は同じです。国家試験か登録小型船舶教習所の修了試験に合格すれば、小型船舶免許を取得できます。

後者に合格すると前者は免除されるため効率的なように思われますが、取得までの期間や難易度に大きな違いはありません。国家試験には学科と実技があり独学でも受験可能です。ただし独学では実技の練習ができないため合格が困難という問題が存在します。多くの受験者は免許スクールでプロの講師から学科・実技講習を受けています。

免許スクールで講習を受けるのが最も効率的な合格方法です。コストを抑えたい人を対象として実技講習のみのコースを用意している免許スクールもあります。学科だけを独学で受験すればコストを抑えて小型船舶免許を取得できます。登録小型船舶教習所では一定の学科・実技教習が行われ、修了試験に合格すれば国家試験を受験しなくても小型船舶免許を取得可能です。

この施設は免許スクールと比べて数が少ないという問題があります。多くの人々は施設数が多く居住地から通いやすい免許スクールを利用し国家試験を受験しています。費用や通いやすさなどを考慮して、免許スクールと登録小型船舶教習所のいずれかを選ぶとよいでしょう。