エンジン付きのボートや水上バイクで遊ぶには、小型船舶免許が必要になります。この免許はボート免許とか、小型船舶操縦士免許とも言われます。ただボートに乗るだけではなく、フィッシングを楽しんだり、ウェイクボードで遊んだりもできるので、海のレジャーを楽しみたい人にはお勧めの免許です。ところでこの小型船舶免許ですが、3つの種類があります。

まず1級免許があり、これを持っていると、岸から5海里以上離れた外洋と呼ばれる海域で、ボートに乗ったりフィッシングを楽しんだりできます。そして2級免許です。こちらの方は、外洋よりも岸に近い沿岸と呼ばれる海域で、やはりボートに乗ったりフィッシングをしたりできます。2級は海の普通免許とも呼ばれる一般的な免許なので、どれを取ろうかと迷った場合はまずこれを取るといいでしょう。

そして水上バイク用の、特殊小型船舶免許があります。水上バイクに乗るにはこの免許が必要になります。また水上バイクだけでなく、ウェイクボードをして遊ぶことも可能です。この他に湖川小出力限定免許というのもあり、こちらは海ではなく、湖でのバスフィッシング用の免許になります。

小型船舶免許は、免許スクールや登録小型船舶教習所で講習を受けた後、試験を受けて合格すれば取得できます。登録小型船舶教習所の場合は修了試験があり、それに合格すると国家試験免除となります。また場合によっては、学科は独学で勉強し、実技関連はスクールで受講することも可能です。