通常、小型船舶免許を取得するには独学かスクールに通って、その後決められた試験会場に行って国家試験を受験し、合格すれば取得になります。最短で3日で免許を得ることができますが、独学だと実際に船舶を操縦しての実技の練習はできず,行うには実技のみの講習を行っているスクールに通う必要があります。身近な環境に船舶がある場合は、スクールに通わなくても取得ができますが、それでも試験を不合格になることが多く,たとえ取得しても基本的な知識や技術が身についていないため、不安で船舶の操縦ができないケースもあります。このスクールは学科と実技をしっかり教えていて、小型船舶免許の国家試験が免除になる、国の指定があるスクールです。

ここでの小型船舶免許の取得コースは、決められた時間講義を受け、その後実技講習を行い、認定審査を合格すれば免許が取得できます。通常の国家試験に該当するのが認定審査で、実技講習で実施した同じ場所なので合格しやすくなっています。国家試験免除は国土交通省が認定した施設でなければならないので、このことからもこのスクールが優れていることがわかります。ここでは元船長などの海に関するプロが講師を勤めていて、丁寧で納得行くまでをモットーとして小型船舶の基礎を教えています。

スクールは少人数制なので誰一人として知識が身につくことができ、取得までじっくり講義を行い、取得後はマリンスポーツや船舶の操縦を思う存分楽しめます。