小型船舶免許を取得するためには、様々な方法があります。一般的にはスクールに通ってその技術と知識を習得し試験を受ける方法であり、ほとんどの場合にはこの方法で免許を取得するものとなっています。スクールには大きく分けて2つの種類があり、国が認めた公的なスクールの場合には費用が高額である代わりに卒業試験に合格するだけでその免許を取得することができる仕組みとなっているのが特徴です。カリキュラム通りに講義や実技を履行し、一定の成績を収めることで免許を取得することができるため、お金はかかりますが安心して利用できるものとなっています。

スクールには民間のものもあり、この場合には公的なものに比べて費用は若干安いのですが、所定のカリキュラムを修了した後国家試験を受験しなければならず、これに合格しなければ免許を取得することができません。実地試験は免除されるものとなっていますが、安全に船舶を操縦するために必要な知識の習得度を確認する学科試験は受験する必要があり、これに合格することで免許を取得することができます。小型船舶免許のもう一つの方法は、直接実地試験と学科試験を受験し合格することです。この場合には準備期間も必要なく、実力と自信があれば取得することができるものとなっていますが、実際にはほとんど困難なものとなっているのが実態です。

船舶はその操縦が複雑でありこれを習得するためにはスクールなどに通わないと習得することができません。小型船舶免許の取得には様々な方法があり、その中から自分に最適な方法を選ぶことが良いものとなっています。